検索
  • admin

国際毛髪学会で2019年 Platinum Follicle Awardと2017年 最優秀論文賞を受賞した研究者もCapillus (カピラス)を利用














タイのチュラ―ロンコーン大学医学部付属病院の内科学のパチャパランティープ博士(Dr. Ratchathorn Panchaprateep)が2017年の国際毛髪学会(ISHRS)のポスター展示で低出力レーザ―育毛器の効果ついて、発表した論文が最優秀賞を受賞しました。


さらに,2019年11月13~16日にタイで開催された第27回 国際毛髪外科学会(ISHRS)の2019年The Platinum Follicle Award(プラチナム毛包賞)を受賞しました。


Platinum Follicle賞は、ヘアレストレーション(毛髪の回復)における、優れた、研究成果や業績に送られる、ISHRSの賞の中でもっとも権威がある賞です。


低出力レーザ―のより高い精度で育毛効果の検証を行う為、パチャパランティープ博士は現在、CapillusRX 312を使い、研究を続けていただいています。

CapillusRX 312をお選びいただいた理由は、バンド型のように、照射時間の短さやクシ状の構造によって照射ムラが起きないこと。

更に、Capillusは低出力レーザ―育毛器を製造している全メーカーの中で、最多のレーザー個数を搭載おり、全体照射型である為、使い方による、誤差も生じません。

Capillusの全4モデルの中でも業務用低出力レーザ―育毛器に匹敵し、多くの専門機関も導入しているCapillus RX 312をお選びいただきました。

2019年に入り、低出力レーザ―の効果を解明するより具体的な内容を掘り下げた、学術論文がパチュパンティーブ博士(以下 博士)により発表されました。

治験対象者全員の真皮乳頭組織(以下 DP)から、低出力レーザ―の使用前の平均値と比較して、低出力レーザ―の照射後をプロテオーム解析により比較を行いました。


24週経過後、11の有意なたんぱく質の増殖が明らかになりました。


さらに、バイオインフォマティック分析は、これらのタンパク質が細胞転写の調節、タンパク質生合成、細胞エネルギー、脂質恒常性、細胞外マトリックス()、E造成分、細胞 - マトリックス接着、ならびに細胞接着 血管新生などの効果が確認されました。


その中、低出力レーザ―が開発された当初からAGAに対する効果として注目されていたATP(アデノシン三リン酸)について、影響を及ぼす、皮膚細胞の採取がおこなれました。


細胞内脂質恒常性に関与するトランスポーターであるATP結合カセットサブファミリーの中でGメンバーというたんぱく質が、最も増加が確認されたたんぱく質でした。


さらに、主要なECMタンパク質を増加が真皮乳頭組織での増加が確認され、その結果、髪の直径が増していることが、臨床的に確認されました。


今回の研究結果で、低出力レーザ―を使用することで、AGAを発症されている方々ではDPたんぱく質の増幅によって、髪の成長が促され、毛髪の弱体化が抑えられていることが細胞レベルでも確認されました。

1回の閲覧