• Capillus Facebook
  • Capillus Twitter

ソーシャル

SNS

AGA 育毛効果

〒 107-0062

​東京都港区南青山2-2-15

info@aga-ikumouka.com

AGAについて

お知らせ

最先端の​低出力レーザ―育毛器の効果について

AGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性型脱毛症)

他の育毛法(内服育毛治療・植毛手術)と併用

円形脱毛症・全頭脱毛症

AGA(男性型脱毛症)

メカニズムを

徹底解説!

髪の生成に対し、血液中のたんぱく質が毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪と変化します。

 

この細胞分裂に不可欠なエネルギー源がATP(アデノシン三リン酸)です。

 

毛根内にDHTが多く存在するとこのATPの生成能力が低下し、細胞分裂が起こりにくくなります。

 

​AGA(男性型脱毛症)の基本メカニズム

AGA型脱毛症はDHTが増加することで生じる薄毛減少

 DHTは5aリダクターゼとテストステロンが結びついたものです。

 

DHTをどれだけ抑制しても髪の成長は改善せず、髪の主成分となる血液中タンパク質の量を増やし、DHTが阻害するATPを活性化させなくては意味がありません。

 

DHTは血中タンパク質の細胞分裂を阻害しますがこの細胞分裂を行うエネルギー源がATPとなります。

 

5aリダクターゼ抑制剤のプロペシアやザガーロはDHTを抑制することで育毛効果を目指す、育毛薬でプロペシアは5aリダクターゼのⅡ型。ザガーロは5aリダクターゼのⅠ型、Ⅱ型の両方を抑制すると言われています。

 

そこでプロペシアやザガーロは5aリダクターゼを抑制することでDHTの発生を抑えることで育毛に繋がると考えられています。

プロペシアやザガーロを服用してもその成分がピンポイントで毛根などが存在する頭部に集中して作用するのではなく、体全体の5aリダクターゼを抑制し、DHTを制御するという発想から開発されています。

 

その反面、低出力レーザ―は毛根内でATPの増加を目的とした育毛法です。

 

男性型脱毛症(AGA)に対し、DHTを抑制するプロペシアやザガーロとATPの増加を目指す低出力レーザ―がもっとも男性型脱毛症に対しての作用が異なる点です。

 

​AGA(男性型脱毛症はDHTが増加することで髪の成長期(ヘアサイクル)短くなります

 

​AGA(男性型脱毛症)の基本説明

AGA型脱毛が薄毛の最大要因であると一般的には考えてられています

 DHTは5aリダクターゼとテストステロンが結びついたものです。

迷信的に男性ホルモンイコール体毛や髭の増加や筋肉質といったイメージが多くの方がお持ちです。

 

年齢と共に、髭や体毛が濃くなることから、大半の方は、年齢を重ねるほど、男性ホルモンの影響が強くなると考えられています。

 

ここで根本的な考えの過ちは体の中で生成される2つのテストステロンのうち、一つは二十歳を境に、生成能力が低下していることをほとんどの方はご存知ありません。

 

髭や体毛などは年を重ねるほど、増加し、成長の割合もスピードアップします。

例えとして、二十歳の頃、髭が生えていても、1日で髭が伸びる割合はそれほど早くなかった。

 

それが30代に入ると、朝剃ったはずの髭が夜には生えているという状態になる。

 

体毛も同じで20代の時にはなかった、体毛が30代や40代になってから増加したので年齢を重ねるごとに男性ホルモンが増加しているのでないかと錯覚します。

年齢別のテストステロンの生成度合いのグラフです。

グラフをご欄いただいて分かるように、20代を境に、青で示す、テストステロンレベルが減少しています。

同じく、男性でも持っている女性ホルモンのエストロゲンのレベルを、赤の線が示しています。

 

男性の10代の思春期の間は、子供の体から大人の男性へと体が変化する為のテストステロンおよびエストロゲンの生成能力が生涯の中でもっとも活発な時期です。

欧米ではテストステロンについての研究が進んでおり、様々な性質が明らかになっています。

興味深いのが、テストステロンと指の長さとの関係について。

 

指の長さは胎児期に母親のおなかの中で浴びたテストステロンと、女性ホルモンのエストロゲンの量によって決まります。テストステロンを大量に浴びた場合は薬指が人さし指より長く、エストロゲンが多かった場合はその逆になることが科学的に証明されています。

 

同じ男性でも、生まれる前からテストステロンやエストロゲンの量には個人差が元々存在します。

 

​AGA(男性型脱毛症)のDHTの発生原因のテストステロンと5aリダクターゼの正しい知識

AGA型脱毛の場合、テストステロンが5aリダクターゼと結合することでDHTが​ 発生し、男性型脱毛の原因になるのは事実です

ですが、肝心なテストステロン自体は加齢に伴い20代を境に生成量が毎年1~2%ずつ、誰でも減少しているという事が知られていません。

            

男性が年齢と共に、性の能力が減退したり、上記の年齢別のテストストロンとエストロゲンのレベルでわかるように、年齢相応のテストステロンが生成されていないと、逆に近年、急増している男性更年期障害などを発症します。

 

髭や体毛が年を重ねることにより、増加するのはテストステロンが増加しているのではなく、髭や体毛の成長を抑制していたエストロゲンが減少するからです。

 

本当は、髭や体毛の成長スピードや本数の増加は男性が気が付きやすい体の変化なので男性ホルモンが増加していると誤解しています。

 

それにAGAなどの男性型脱毛症の治療薬のプロペシアやザガーロはテストステロンを抑制するのではなく、DHTのもう一つの原因物質である、5aリダクターゼを抑制する薬です。

 

DHTの発生原因となる、テストステロンは自然と年々減少している。

それに加えて、プロペシアやザガーロを服用していれば結合物質の5aリダクターゼも減少している。

 

ある年齢に達し、テストステロンの生成力が減退し、AGA治療薬を飲んで、5aリダクターゼを抑制していれば、髪の生成を阻害している毛根内のDHTの発生量は極端に下がっているはずです。

 

それにも関わらず、髪が生え出てくるほどの改善に至らないのはAGA(男性型脱毛症)は毛根内のDHTの増加だけではなく、DHTという物質によって、抑制されてしまったATP不足を含めてがAGA(男性型脱毛症)です。

 

​AGA(男性型脱毛症)の低出力レーザ―の作用について

低出力レーザ―育毛器はATPの増加と血行促進効果

Capillusなどの低出力レーザーは頭皮に特定の波長と出力を照射することでチトクロームCオキシダーゼを活性化、ミトコンドリア電子伝達系を増加させることでATP産生が増加。結果として休止期の髪が成長期の毛に移行して、髪の成長が活発化します。

 

AGAに対し、プロペシアやザガーロはDHTを抑制することで育毛を促そうとしていますが制御してもATPが増加することはありません。

 

髪が生え出し、毛母細胞の分裂に不可欠なATP量の増加をCapillusを光を照射することでATPの活性化を図る作用があります。

 

Capillusなどの低出力レーザ―育毛器が日本皮膚科学会を始め、欧州皮膚科学会や米国皮膚科学会において、AGA(男性型脱毛症)の治療として認められたのは正に、毛母細胞の細胞分裂に不可欠なアデノシン三リン酸(ATP)の増加という、AGA治療薬とは異なる方法で男性型脱毛症に効果があるからです。

 

しっかりとしたAGA(男性型脱毛症)に対して、取り組むのであれば、DHTを抑制するだけの偏った方法を取るのではなく、同時にATPを増加させるほうが遥かに有効なAGAへの対応です。

 

ATP不足はAGAだけではなく、女性型脱毛症(FAGA)や円形脱毛症などの脱毛原因でも重要な要素となり、AGA以外の薄毛に対しても低出力レーザ―育毛器が効果が確認されているのはその為です。

ヘッディング 4