• admin

低出力レーザーの育毛効果を証明する、最新の論文の数々

更新日:6月20日

2020年以降、低出力レーザーの育毛効果を証明するいくつかの論文が発表されています。

海外では低出力レーザーが男性・女性型脱毛症や円形脱毛症にも有効であるというのが当然であると専門家での間でも認知されており、2022年3月に開催された米国皮膚科学会でも「低出力レーザーの育毛効果」についての講義が1時間行われました。


低出力レーザー 育毛効果 米皮膚科学会 講義

その中でも注目の論文を紹介します。

2021年に形成美容外科の学術し掲載された


マイアミ大学 円形脱毛症 低出力レーザー 育毛

PubMed, MEDLINE, Embase, PreMEDLINE, Ebase, Clinicaltrials.gov, Scopus database, and Cochrane など、世界中の学術論文を掲載する8つの医療データベースにおいて低出力レーザーの男性・女性型脱毛用に関連した論文が298件。うち、低出力レーザーのみに特化した論文が136件。

その中でも二重盲検法を元に、低出力レーザーの有効性が検証された23件の論文に掲載されたデータを改めて分析したところ、「低出力レーザーは副作用もなく、男性・女性型脱毛症に有効」との結論を発表しています。



2021年には世界的な美容メーカーのロレアル社と米国のLight BioScienceが共同で低出力レーザーの育毛作用を検証するにあたって、脱毛した箇所の皮膚を皮膚生検査で採取。

皮膚生検査でも、低出力レーザーは男性型脱毛症・女性型脱毛症・円形脱毛症などの脱毛原因とされる低出力レーザーの照射前と照射後では、脱毛要因とされる、AP1/FOSBメッセンジャーRNAやCD69mRNAが消失していたことが確認されました。


#capillus #低出力レーザー #カピラス #育毛 #発毛 #AGA #FAGA #男性型脱毛症 #女性型脱毛症 #円形脱毛症 #自毛植毛 #HARG #ザガーロ #プロペシア #ミノキシジルタブレット

閲覧数:7回0件のコメント