• Capillus Facebook
  • Capillus Twitter

ソーシャル

SNS

AGA 育毛効果

〒 107-0062

​東京都港区南青山2-2-15

info@aga-ikumouka.com

最先端の​低出力レーザ―育毛器の効果について

AGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性型脱毛症)

他の育毛法(内服育毛治療・植毛手術)と併用

​円形脱毛症・全頭脱毛症

最新のAGA対策

低出力レーザ―育毛器を

徹底解説!

低出力レーザ―育毛器

​全頭照射型

Capillus導入のクリニック紹介

性別や年齢に関わらず、薄毛や抜け毛で悩みを抱いている方が急増しています。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症やFAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表した「低出力レーザ―育毛器」をご存知でしょうか?

2010年に承認後、数多くの低出力レーザー器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が話題を集めています。

 

AGA治療の薬や育毛剤を使用せず、一日わずか6分の新しい育毛法です。

そこで低出力レーザ―がどのようなものなのかを説明し、日本でも注目されているCapillusの有効性が紹介します。

​低出力レーザ―とは

 

低出力のレーザーとは、650nm(±5nm)の発光ダイオードを毛根内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前は、ブラシなどのハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザ―が照射される全頭型タイプが現在は主流です。

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザ―です。

脱毛に使用するのは高出力レーザ―で細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザ―はほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDA(アメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザ―器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザ―の効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

​低出力レーザ―のメカニズム

​低出力レーザ―のメカニズム

​低出力レーザ―はどんな効果があるか

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質の細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザ―は毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザ―の最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザ―育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

​臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

​安全性への不安

体に使用する「レーザー」と聞くと、イメージするのは脱毛や手術を思い浮かべる方が多いのはすです。

Capillusが照射する「低出力レーザ―」と脱毛や手術に使われる「高出力レーザ―」は全く異なるものです。痛みや刺激などを感じることは一切なく、ほんのりと暖かいと感じる程度の体感しかありません。

2018年2月より発売を開始した新型Capillusは使用時間がわずか6分。ハンディタイプやバンドタイプの低出力レーザ―器もある中、薄毛箇所に関係なく、頭部全体のATPと血行促進が一度に得る為に最適な照射時間が算出。

ご利用になる方の薄毛箇所や面積に応じてレーザーの照射個数が異なる4タイプの製品をご用意しています。

6分間の照射時間が終了すると音と共に自動で電源が切れる設計です。

 

唯一の注意点は​、レーザーを直視しないことです。

 

​低出力レーザ―育毛器は・米国・欧州皮膚科学会が推奨

​各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザ―は2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザ―は認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU(欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザ―を男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザ―の育毛効果を認めたことです。

 

プロペシアやミノキシジルに次いで、B評価となり、医薬品以外では植毛手術と同等に薄毛や抜け毛に悩む方に対し、有効性が認められた点です。

​特に欧州皮膚科学会のように54か国がそれぞれに医薬品や治療法に対する基準や指針を設定している中、低出力レーザ―育毛器の有効性が認められました。

 

​最新の低出力レーザ―育毛器 Capillusのラインアップ

薄毛・抜け毛の進行度合いは人それぞれによって異なります。

年齢も若く、抜け毛の増加程度で悩んでいる方から頭皮が露出してしまい、これまで試したあらゆる育毛法で効果がなかった方。

2018年2月のモデルチェンジにより、Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の4タイプをご用意しています。

レーザーの照射個数が多くなれば、その分、頭皮の照射ムラがなくなることでATPの増殖やより高い血行促進効果が期待でき、いち早い、回復が期待できます。

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は117,720円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は260,280円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は397,224円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

​海外などで医療機関で用いられていたCapillus272 Office Proというスタンドタイプよりも40個、レーザーが多く、他の業務用低出力レーザ―でも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は481,680円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

 

​低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)の公式サイトや問い合わせ

Capillus 全モデルで搭載されているレーザーの照射個数の数や密度の違いを比較がしやすいよう、4機種の照射面内部の画像です。

 

4モデルすべてを購入できるのは公式ホームページだけです。

 

公式ホームページではCapillusを購入出来るだけではなく、これまで掲載されたメディアやシャンプーなどのヘアケア製品の紹介。

Capillusの回復例の写真などが用意されています。

 

気になった方は一度公式ホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。

低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

Capillus(カピラス)低出力レーザ―育毛器のメリット

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザ―器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元,開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

​副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

低出力レーザ―に説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

​目視できなくても残存する産毛を成長

低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザ―のATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザ―よりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

​自分のライフスタイルの影響が少なく、行える

Capilliusは82個~最大で312個の最レーザーを搭載したモデルを状況に応じてお選びいただけるだけではなく、全頭照射型低出力レーザ―育毛器では最短の6分しかかかりません。

自宅で、簡単に育毛ケアを行えるだけではなく、本体重量がわずか300g前後であることから、使用いただくことにより、肩が凝るなども負担も一切ありません。

髪が回復するまでにご利用いただく。回復後も健康な髪を維持する。

この点で、使用する手間や負担がかかるとどうしても長続きせず、断念してしまうのが育毛ケアの問題の一つです。

ハンズフリーなので、ご自宅でテレビやPCを見ながらでも簡単に行えること。

仕事帰りに、疲れていてもわずか6分であれば、自分のライフスタイルに影響することなく、手軽に育毛ケアが行えます。

​経済的なランニングコスト

男性の方とお話をしていると良く耳にするのが、結婚を期に、自由になるお金がなくなったので育毛ケアを断念しなくてはいけないというお話を良く耳にします。

折角、それまで頑張っていた育毛治療や育毛ケアを途中で中断することに対し、落胆する方が男性には多いようです。

低出力レーザ―器の場合、一度購入すればそれ以上のコストがかかることは一切ありません。

レーザー照射口の耐久時間は約60000時間です。

1回の照射時間が6分と換算すると、60万回分の照射が可能です。

唯一の消耗品はスイッチを兼ねているいる、充電地ですが凡そ3~4年間はご利用いただけ、買い替える場合もわずか5,000円です。

特に、ハイエンドモデルの場合には、長期保証をご用意しており、国内で対応していますので安心です。

​女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にははフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザ―育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザ―を唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

対処方法が限られている、女性特有のFAGAであるからこそ、医学的見地からも、世界中で、認められた低出力レーザーだけでも問題なく育毛が期待出来ます

​髪が生える原理は性別や人種を問わず、同じです

低出力レーザ―の改善例の外国人の画像しか見ないが、日本人でも効果はあるんですか?と質問をいただくことがあります。

1.髪が生えるメカニズムは人種や性別に関わらず同じです。

 

2.リアップやプロペシアにしても、元々は海外で承認され、日本人でも有効性が認られています。

 

3.低出力レーザ―器の先進国はアメリカです。白人や黒人、アジア系など様々な人種が使用しています。

4.公平性を保つ為、低出力レーザ―器を使用開始前と、使用開始後の回復例を常にモニターし、一切、他の育毛法が併用されていないというデータや回復例を第三者の監視下の元で収集した画像がもっとも信憑性が高いという理由で掲載しています。

5.ATPの増加や血行促進は人体における、髪の成長に不可欠です。性別や年齢、人種は関係ありません。Capillusは1台で2役を効果が同時に得られます。

​AGA(男性型脱毛症)・FAGA(​女性型脱毛症以外での育毛効果)

低出力レーザ―はAGA型・FAGA型脱毛症以外の脱毛にも有効性が注目されています。

びまん性脱毛、円形脱毛層、産後の脱毛症や抗がん剤治療による、脱毛の回復にも毛髪の成長が確認されています。

副作用がないことから、生理中やホルモン療法中。授乳中でも安心してご利用いただけます。

植毛手術前や後にも低出力レーザ―の使用が推奨されています。

どのような理由の抜け毛であっても育毛効果が期待できますので、AGAでもAGAではない人でも育毛が可能です。先に女性でも可能だとお話しましたが、女性のみならず、誰でも可能な点はCapillusならではなメリットと言えるでしょう。

 

低出力レーザ―を薄毛箇所に直接照射する意義

​個人差のある薄毛箇所

生え際生え際だけでは頭皮が露出している面積にも個人差があります。

範囲や面積に関わらず、均等にレーザーが照射されることが何より重要です。

ご欄いただける画像はスタンダードモデルのCapillus202を使った場合、どのように低出力レーザ―が照射されているかを示す画像です。

薬などを服用して、体全体のDHTが減少しては、思いもかけない影響が体に現れる可能性もあります。

ATPを増加させ、血行促進を図るなら、体全体で作用させるのではなく、薄毛箇所にピンポイントで作用させるほうが効率的的で効果もより高まります。

​自分でも確認が出来る血行促進効果

適切な照射時間と十分な血行促進効果がある低出力レーザ―器を使用すれば画像でご欄いただくように毛細血管が頭皮表面でも確認できます。

年齢や生活習慣など、様々な要因で血行不良が大きな問題となっています。

血行促進効果を宣伝する、医薬品や育毛剤が数ある中、薄毛箇所の血流の改善がご自身でも確認できるほどの改善することは育毛に大変重要です。

近年、日本では育毛効果や安全性が証明されていない血行促進目的の育毛剤や育毛薬が出回っています。

そのような方法をとっても、薄毛箇所の血行が促進されているかをご本人が確認できるほどの血流のが改善期待できる可能性は低いです。

​クジ状のバンド型 低出力レーザ―器のマイナス点

一部の低出力レーザ―器で、クシ状になっていないと、レーザーが頭皮に届かないと説明されていますが、かえって、クシ髪が梳かれ、一方に向き、束になります。

​その結果、束になっている部分を、レーザーが通り抜けることが出来ず、頭皮や毛根にレーザーの光が到達しません。

更に、バンド型低出力レーザー器の設計やデザインの影響で、搭載している82個のレーザー照射装置が、薄毛が起こる、頭の上部部分だけではなく、側頭部にも設置されています。

その為、髪が束になり、レーザーが通り抜けにくいだけではなく、肝心な薄毛が起こりやすい箇所のレーザーの数が限れていることから、よりレーザーが患部に届きにくい設計になっています。

近年、新たに発売されている低出力レーザ―育毛器が大半が全頭型の設計なのは、十分な数のレーザーと出力を搭載していれば、クシで分けとる必要はないことは、業務用機器でも実証されています。

さらに、各箇所に対する照射時間が短すぎると本来、期待できる効果が得られません。

​より、詳しい違いは以下のボタンを押してください。

 

低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)の男性の回復例

低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)の女性の回復例

 

​Capillus 低出力レーザ―育毛器をメディアも注目

​日本のメディアも注目

日本でも低出力レーザ―育毛器、Capillusは様々な雑誌で脚光を浴びています。

​男性誌・女性誌・健康関連雑誌など、性別や年齢に関わらず、薄毛に悩み方が増加し、新たな改善法に注目が集まっています。

 

​国際毛髪学会で最優秀賞を受賞した研究者もCapillus (カピラス)を利用

​最優秀賞の受賞者がCapillusRXを選ぶ

タイのチュラ―ロンコーン大学医学部付属病院の内科学のパチャパランティープ博士(Dr. Ratchathorn Panchaprateep)が2017年の国際毛髪学会(ISHRS)のポスター展示で低出力レーザ―育毛器の効果ついて、発表した論文が最優秀賞を受賞しました。

低出力レーザ―のより高い精度で育毛効果の検証を行う為、パチャパランティープ博士は現在、CapillusRX 312を使い、研究を続けていただいています。

CapillusRX 312をお選びいただいた理由は、バンド型のように、照射時間の短さやクシ状の構造によって照射ムラが起きないこと。

更に、Capillusは低出力レーザ―育毛器を製造している全メーカーの中で、最多のレーザー個数を搭載おり、全体照射型である為、使い方による、誤差も生じません。

Capillusの全4モデルの中でも業務用低出力レーザ―育毛器に匹敵し、多くの専門機関も導入しているCapillus RX 312をお選びいただきました。

2019年に入り、低出力レーザ―の効果を解明するより具体的な内容を掘り下げた、学術論文がパチュパンティーブ博士(以下 博士)により発表されました。

治験対象者全員の真皮乳頭組織(以下 DP)から、低出力レーザ―の使用前の平均値と比較して、低出力レーザ―の照射後をプロテオーム解析により比較を行いました。

 

24週経過後、11の有意なたんぱく質の増殖が明らかになりました。

 

さらに、バイオインフォマティック分析は、これらのタンパク質が細胞転写の調節、タンパク質生合成、細胞エネルギー、脂質恒常性、細胞外マトリックス()、E造成分、細胞 - マトリックス接着、ならびに細胞接着 血管新生などの効果が確認されました。

 

その中、低出力レーザ―が開発された当初からAGAに対する効果として注目されていたATP(アデノシン三リン酸)について、影響を及ぼす、皮膚細胞の採取がおこなれました。

 

細胞内脂質恒常性に関与するトランスポーターであるATP結合カセットサブファミリーの中でGメンバーというたんぱく質が、最も増加が確認されたたんぱく質でした。

 

さらに、主要なECMタンパク質を増加が真皮乳頭組織での増加が確認され、その結果、髪の直径が増していることが、臨床的に確認されました。

 

今回の研究結果で、低出力レーザ―を使用することで、AGAを発症されている方々ではDPたんぱく質の増幅によって、髪の成長が促され、毛髪の弱体化が抑えられていることが細胞レベルでも確認されました。

 

​Capillus を導入いただいている全国のクリニック

​Capillus を導入いただいている全国のクリニック
ルーチェクリニック銀座院

ルーチェクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区 銀座4丁目3番6号

G4 BRICKS BLD.5階

電話 0120-822-190

オバジクリニック トウキョウ

野本真由美クリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区 銀座4丁目6番1号

銀座三和ビル 4階

​電話 03-4405-5100

医療法人中野会 中野医院

医療法人中野会 中野医院

〒880-0805

宮崎県宮崎市橘通東4丁目

6番18号

​電話 0985-22-2695

ASC赤池クリニック

〒770-0834

徳島県徳島市元町1番7号

​電話 0037-600-26749

メディア―ジュクリニック​青山院

メディア―ジュクリニック ​青山院

〒 150-0001

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F

​電話 0120-017-768

あおい皮フ科クリニック

あおい皮フ科クリニック

〒447-0076

愛知県碧南市白砂町3-27

​電話 0566-91-7201

秋葉原中央クリニック

秋葉原中央クリニック

〒101-0025

東京都千代田区神田佐久間町2丁目20番地
翔和秋葉原ビル2F

​電話 0120-955-850

豊橋駅前クリニック

豊橋駅前クリニック

〒440-0888
愛知県豊橋市駅前大通1-46-1
豊鉄ターミナルビル3階
電話 0120-107-546