検索
  • admin

低出力レーザー育毛器の男性型脱毛症 女性型脱毛症への役割とCapillus特有の効果について

低出力レーザ―育毛器の役割とCapillus特有の効果についてご理解いただく為に、内容を一つのページにまとめさせていただきました。


年齢や性別に関わらず、薄毛や抜け毛で悩みを抱えている方が急増しています。


育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性の男性型脱毛症に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザ―育毛器」をご存知でしょうか?


2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザ―育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。


照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。


2019年に発表された注目すべき、最新の育毛関連の学術論文です。


2019年 「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html


そこで低出力レーザ―育毛器、Capillusがどのような製品かご紹介します。

低出力レーザ―とは


低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)の男性の回復例


低出力レーザ―育毛器 Capillus(カピラス)の女性の回復例


低出力のレーザ―とは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。


Capillusの低出力レーザーを頭皮に照射することによって発毛を促進します。


AGA型・FAGA型脱毛症に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛校がが期待できます。


レーザーと聞くと、大半の方が最初に思い浮かべるのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザ―です。


​脱毛に使用する高出力レーザ―で細胞を焼き切る高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザ―は全く使用感がなく、少し暖かいと感じる程度です。頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が誘発するATP不足や血行不良を改善し、育毛効果が期待できます。



プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。


低出力レーザ―のメカニズム

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。

加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること現象が近年増加しています。

男性型脱毛症のAGA..

j女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。


毛細血管を通じ、もう乳まで到達した血液から抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。


​DHTが毛乳頭内で増加するとたんぱく質の細胞分裂が不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。


低出力レーザーは毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。プロペシアやザガーロのようにDHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。


一定の時間と適正な個数の低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザー育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加しか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。


​Capillusは毛髪学の専門家の元、ATPの増加に加え血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。


毛髪の主成分である、血液中蛋白質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂をエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。


臨床実験の結果

17週間かけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後を第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

安全性への不安

体に使用する「レーザー」と聞くと、イメージするのは脱毛や手術を思い浮かべる方が多いのはすです。

Capillusが照射する「低出力レーザ―」と脱毛や手術に使われる「高出力レーザ―」は全く異なるものです。痛みや刺激などを感じることは一切なく、ほんのりと暖かいと感じる程度の体感しかありません。

2018年2月より発売を開始した新型Capillusは使用時間がわずか6分。ハンディタイプやバンドタイプの低出力レーザ―器もある中、薄毛箇所に関係なく、頭部全体のATPと血行促進が一度に得る為に最適な照射時間が算出。

ご利用になる方の薄毛箇所や面積に応じてレーザーの照射個数が異なる4タイプの製品をご用意しています。

6分間の照射時間が終了すると音と共に自動で電源が切れる設計です。


#capillus #低出力レーザー #カピラス #育毛 #発毛 #AGA #FAGA #男性型脱毛症 #女性型脱毛症 #円形脱毛症 #自毛植毛 #HARG #ザガーロ #プロペシア #ミノキシジルタブレット

22回の閲覧